うつ病の症状が重たい時の状態。人から見えない苦しい戦い。

メンタル

 

今日はうつ病の症状についてあえてお話ししたいと思います。

症状は人それぞれですが、

うつ病の人はこんな感じで過ごしているのだな、

と参考になれば幸いです。

※この記事の内容は筆者の症状になります。

筆者は誰にも話した事はありません。

主な症状はこちら

①抑うつ感

②意欲の低下

③不眠

④動悸

⑤集中力の低下

⑥起死願望に襲われる


抑うつ感


心が非常に苦しくなり意味もなく“悲しい”や“苦しい”、“辛い”などの気分に一気に襲われます。

見るもの聞こえるもの、触るもの、匂い、人の話し声など全てが不快な状態になり

昼であっても雨戸やカーテンを閉めて刺激を減らし、布団をかぶってひたすら我慢します。


意欲の低下


何にも出来ない。ただただ何にも出来ません。

電話が鳴って出る事も、コンビニまで食料を買いに行く事も。

食事はバナナを剥いて食べる、魚肉ソーセージを剥いて食べる。

カップラーメンを作って食べる意欲はないので食事がなければ食べないという選択肢しかありません。


不眠


これがかなり症状を悪化させる原因でもあり、

治すのがとても難しいのです。

 

睡眠導入剤はどうしても耐性が出来てしまい飲み続けると効かなくなります。

お医者さんで出せる最大量を処方してもらっても、どれも効かない状態が続く方も多いのではないでしょうか。

抑うつ状態で眠れない夜を過ごすのは更に精神がやられます。


動悸


不安な事を考えたりすると心臓がドキドキして締め付けられるように苦しくなります。

ソワソワした感じが止まらず手のひらから全身、汗がビッショリになります。


集中力の低下


何にも出来ないけど映画くらい見て気を紛らわせたい。そんな日もあります。

けれど最後まで観る集中力がなく、ベッドでだらりとして放心状態になっていたり余計な事を考えてまた鬱々としている事が多いです。


起死願望に襲われる


 

突然の孤独感、パニックに一人陥り、

引き出しから精神科の薬を全部出しそれを強いお酒のボトルで1、2本一気に飲んでしまった事が今までに4回ありました。

 

そのあとの事は病院で目覚めるまで(目覚めても)一切覚えていません。

 

後に母から聞いた話では何時間もドンッドンッと壁にぶつかるような音がして

しまいには大声で叫びまくり「死ぬ!死にたい!誰か助けて!」とパニック状態で階段から落ちて気を失ったそう。

 

※自殺は保険が効かないので全額自己負担になります(精神科に長く通っている場合は保険適応される事もありますけどね…。)


以上の話、人に話しても理解不能だという事をよく知っているので誰にも話した事がありませんでした。

 

目が見えない人は一目でいいから子供の顔が見てみたいと願うように、

うつ病の人もまた光を求めています。

 

暗闇の中、手探りでたったひとりで歩く子供のように。

行き先の分からないイバラの道で必死にもがきながら泣きじゃくるこの日々が、いつか報われるのだろうか?と、毎日を過ごしています。

 

今回の記事は同じ悩みの方に「自分だけじゃないんだ」って思ってもらえたらきっと心強いんじゃないかな?という気持ちと、

 

うつ病を知らない人には理解が難しいかと思いますが

 

少しでも知ってほしいという気持ちで書きました。


突然ですが…

エミリー・ローズという映画を知っていますか?

うつ病で辛い時、人生で辛い時に是非オススメです。

ネタバレになってしまうので内容は書きませんが、とても感銘を受けた作品です。

エミリー・ローズをみて筆者はこう思いました。

 

「私の経験が天国に帰った時、神様のお役にたてますように」

 

👇お帰りの際はポチッと応援お願いします✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました