失敗で落ち込んだ時の対処方。失敗とはなんぞや?考えてみよう!

メンタル

「私、失敗しないので」なんてドラマでかっこいいセリフがありますね。

しかし生きていく上で失敗は必ずついて回る出来事。

失敗からなかなか立ち直れない人も多いのではないでしょうか?

しかし、失敗について深く考えたことはありますか?

今日は失敗について一緒にじっくり考えてみましょう。

それ本当に失敗ですか?

「あぁ、失敗しちゃった、どうしようどうしよう…。」

自分は失敗が多いと思っていませんか?

でもそれ失敗というより

頑張ってやったことで、

「ああ、これでは上手くいかなかったから違う方法でやってみよう」

「こういうところが間違ってたな」ということが分かる材料。

失敗の正体ってそれだけではないですか?

 

認めなくたっていい

修正点が見つかって良かったのだから

失敗しても別に認めなくてもいいんです。

「私は断固として認めないぞ!」と言葉に出したら変なヤツすが(笑)

 

わざと失敗する人っていないですよね。

それをいつまでも引きずらない。

人にはは「ごめんなさい」「申し訳ないです」って言って行動する。

 

そしたらもう、悩みは手放していいじゃないですか?

 

それとも誰かが「お前は失敗した、失敗した」とまだネチネチ言ってきますか?

あんまりそういう人、いないですよね(笑)

もしそう言うこと、言ってくる人は相当イヤなヤツだから

いちいち付き合わなければ良いんです。

 

じゃあ誰が追い詰めて苦しめているのか。

ほかでもない自分ですよね?

 

わら人形に釘でも刺すかのように

「失敗した(グサッ!)失敗した(グサッ!)」って

木にくくり付けて刺しすぎると本当に身動き取れなくなっちゃいますよ。

自分で呪いをかけるのは自分に厳しすぎです。

自分に厳しい人は人には3倍以上厳しいです。

人には優しく寛容な方が魅力的ですよね☺️

 


自分のハードルを下げる

そもそも自分の目標設定が高いのだと思います。

 

もっと「やっただけでも偉い」とか

「わー、今日は朝寒いのにちゃんと起きれた〜」とか

ハードルは低く & ゆるゆるでいいんですよ。

 

ぜひ自己肯定をして自分に優しくなって下さい!

自分に優しく甘い人は人にも優しく寛容な人になれます。

自分のルールを厳しくしないで楽になりましょう。

失敗は人間の権利でもある

今は失敗かもしれない。

でも後から考えたら良かったね、ってことの方が多い。

 

誰しも失敗はありそこから学ぶ権利があります。

 

突然ですが…

世の中に“消しゴム”を使ったことのない人はいますかね?

いないですよね。

鉛筆の後ろについててこんなふうに便利なものもあります。

これは人は間違えもするし失敗もするという証でもあると思います。

この鉛筆を使う権利が誰にでもあるように人には失敗する権利があります。

パソコンやスマホのDelateボタンだって1日に何回押すかなんて数えたこともありません。

それでもクヨクヨ悩むなら…

そうはいってもまだ「失敗が頭から離れない…」

そんなあなたにもまだ方法があります!

それは…

 

まんじゅう一個でも得するまで考えること!

 

失敗した時点で得しています。

それでもお得を狙うなら探しまくりましょう👀!

 

「やっちまったけどクビにもならずに毎日仕事があって良かった!」

「やっちまったけど優しい人に励まされた!今度は自分が励ませる人間になれた!やった!」

もしかしたら本当におまんじゅうくれる人が現れるかもしれませんよ(笑)

 

 

この記事が良かったらGoodボタン、フォローよろしくお願いします=)

他にもみなさんのモチベを上げる記事たくさんUPしてます!

 

👇お帰りの際はポチッと応援お願いします✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました