頑張らないほど上手くいくから頑張っちゃいけない。

メンタル

あなたは頑張っちゃていませんか?

誰かに「頑張らなくていいよ」

 

そんな言葉をかけてもらうだけで心は楽になったりします。

 

今日は頑張らないほど上手くいく話をしていきたいと思います。

 

そもそもの疑問。なんで頑張らなくちゃいけないの?

「頑張れ!」できるようになると「もっと頑張れ!」って

戦後の学校教育がずっとそれじゃ、

みんな生きにくくなりますって。

 

何かできるようになってもまだ

「もっと、もっと頑張れ!」って、限りがありません。

 

「頑張れ!」「夢をもて!」余計なお世話ですよ本当に。

 

 

 

私たちが当たり前のようにやっていた、体育座り

 

実は奴隷の座り方なのはご存知ですかね?

私たちは戦後から、この奴隷の座り方を幼少の頃から何も分からずにやらされていました。

 

体を両手で縛って整列させる。

これは戦後の日本の洗脳教育の一つです。

 

また、この座り方には

思考を停止させ上からの命令を聞きやすくする効果があるそうです。

 

海外でこんな座り方強要されたら大変な騒ぎですよ。

 

最近は見直されつつあるところも少しはあるそうですが。

 

 

だからみんな、「私には夢がない。」

 

もう頑張れないのに「もっと頑張らなきゃ」ってなるんです。

 

 

夢をもちたい人が夢をもてばいいし、

頑張る度量は自分自身で決めて良いはずです。

 

それをナマケモノだの、しっかりやれだのって、

病気の人にまで言います。

本当に良くないです。

 

「頑張る」じゃなくて「顔晴る」曇ったらやめる

「頑張る」って

頑なに、もしくは頑固にの「頑」に

張り詰めるとかピーンと張ってるって意味の「張」。

 

頑固に張り詰めていたら誰でも疲れます。

 

ギターだって張りすぎると弦が切れます。

 

たまに言霊に敏感な方が

 

「がんばる」

「ガンバル」

 

漢字で表記しなかったり、

 

中には

 

「顔晴る」と、

 

素敵な漢字を使う方もいます。

(素敵だなと思い筆者も使っています。)

 

この漢字から思うに、

 

がんばるって「顔が晴れるようにすること」だと思うのです。

 

がんばった時に顔が晴れ晴れするって良くないですか?

 

その晴れた顔が曇り出したら、

苦しい顔になったら、

 

もっと違う方法があるって考えて良いし、

 

もしくは、もう「がんばらなくていい」の合図です。

 

1日のエネルギーには限りがある。余裕を作ろう。

人間1日のエネルギーには限りがあります。

それを毎日100%頑固に頑張っちゃうと必ず無理が来ます。

 

車を運転する時、ハンドルとかブレーキに、「遊び」の部分ってありますよね。

 

ああいう鉄の塊にも、遊びの部分で余裕を出してあるから

ガチガチにならずにスムーズに運転ができて、

 

咄嗟の時もサッと避けたりとか

 

ガソリンが食わないようにブレーキを調節して踏むこととかができます。

 

人間にも「遊び」の部分がないと、

 

マックス100%、

ガチガチになってしまう。

 

何かトラブルがあったときに、もう余裕がなくなります。

 

 

それがめちゃくちゃに頑張っている状態。

 

 

自分自身の遊びの部分は自分で考えて

 

「私の今日のエネルギーは60%、

遊びの部分を40%余らせておいて、

余裕を持てば何かトラブルがあっても対処できるな。」

 

と、思っておけば心にも余裕ができるし、

 

100%出しきらなくても

 

「まあ60%やった、こんなもんでOK!」

 

って思った方がかなり上手くいきます。

 

100%を目指すと100%出せなかった自分にまた苦しくなって責めてしまう。

 

だから

 

力を抜いて行きましょうよ。

 

 

今をそうやって一つ一つ大切に生きる。

自分のことを大切に生きていきましょう😊

 

 

この記事が良かったらイイねボタン、フォローお願いします=)!!

他にもあなたのモチベを上げちゃう記事がたくさんありますのでぜひ覗いていって下さいね!

最後まで読んでくれてありがとうございます!

 

👇お帰りの際はポチッと応援お願いします✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました