脳はストレスから逃れるためだったら何だってやる。

メンタル

 

あなたは、何だかよくわからない身体の症状が出て

お医者さんにかかっても原因が分からずに

 

「ストレスですね〜」と、診断された経験はありませんか?

今日はちょっと不思議なお話も入っていて、

信じるか信じないかは…あなた次第!?

でも納得しちゃうかもしれない、

ストレスと体調のお話をしていきたいと思います。

脳はとんでもないことをする

身体の不調は、気持ちや考え方が影響しているということが近年になってクローズアップされてきていますね。

原因に身の覚えのない頭痛や腰痛など。

病院に行っても原因がよく分からない不調の場合

もしかすると脳のしわざかもしれません…。

 

 

まず、あなたの中にあるイヤな思いがストレスになります。

 

この自分自身の否定的な感情をどうにかするために

脳がある作用をするのです。

 

身体のどこかに痛みを出し、意識をそちらに向け

イヤな事を考えさせなくしているのです。

 

そして(ここが重要です)

 

腰が痛い、頭痛がする、咳が出る

身体の具合が悪くなると心配してもらえる

そういうパターンを脳は覚えてしまいます。

脳はストレスから逃れるためだったら何でもする

人間の潜在意識には、小さい頃からの思い出や記憶がたくさんあります。

 

その中にはイヤな思い出や記憶もたくさんあります。

 

それを思い出させたくない、ということもあるんです。

 

どこか調子が悪い時はあなたではなく、

脳が必ず否定的なことを考えています

脳が考えなければ良いのですが、

脳は考えないということはできません。

 

 

面白いことに、

腰が痛いのに大好きなダンスを踊っている時は

全く痛みを感じないというようなことってよくあります。

同じような経験、ありませんか?

 

普通に考えれば安静にしていても痛いのに

もっと激しく腰を動かせばもっと痛くなるはずなのに

『楽しい』と脳が考えている時には痛みが出ないんです。

不思議ですよね。


 

脳は本人にカラクリを知られてしまうと同じことができなくなる

以前はストレスというと必ずと言っていいほど『胃』を悪くする人がほとんどでした。

 

ですが、それは科学的にも証明されてしまって

みんなの脳にバレてしまいました

するとどうでしょう、同じ場所に症状は出ないのです。

 

脳に一度バレてしまうと

脳は同じことができなくなります。

 

本人がそのカラクリを知ってしまうと、

同じ場所に同じ症状が出なくなるのです。

 

そして違う場所に症状を出して

ストレスから逃れようとするのです。

 

こういうことばかり考えてしまってお医者さんにかからないのはよくないですが、

 

ちょっとしたことに気がついた時、

改善する人も中にはいるくらいに気に留めていると良いかもしれませんね。

 

⬇︎続いてのお話は信じなくていいです⬇︎

⬇︎信じたい人だけ信じて下さい⬇︎

脳は臓器であって、あなた自身ではない

 

脳自体があなた自身ではありません。

私たちの真我は心の奥の方にあります。

人によっては“魂”と呼ばれるところ。

 

私たちの主役はこの“魂”です。

 

これらが分かってくると改善策が見えてくるかも知れません。

 

二重人格者の人が糖尿病になったとき、

通常の人格のときは糖が出て、

別人格のときは糖が出ないといいます。

 

本当に脳ってとんでもないことしますよね。

しかし脳は脳で、脳のストレスの吐け口になる場所を作りたいのです。

 

脳というじゃじゃ馬を乗りこなす

 

人間の身体の不調の原因で一番に考えるべきは

ちゃんと栄養が足りているか。

 

それでも治らないなら脳を使いこなすということになっていきます。

 

例えば中卒の人が

「中卒で大学出の人よりも7年も早く社会に出られて得した!」と言う。

誰に言うかと言うと、脳に言うんです。

そうすると脳は得な事柄をもってくるんです。

(これを引き寄せの法則という人もいますね)

 

だけど脳は10万円稼ぐのも100万円稼ぐのも力は一緒。

 

だったら引き寄せなんてしないで、

サボりたいんです。

 

だから、

「高校も出ていなくてバカにされる…大学も出ていないし…」と言ってしまうと

脳は喜びます。

なぜかというと、脳はサボれるから。

 

脳を怠けさせてはいけません。

 

脳というじゃじゃ馬を乗りこなすとは、

脳を怠けさせない言葉のゲームということなのです。

脳にとって得だと思わせなきゃいけないんです。

 

日本は言った言葉が叶うという『言霊』の国。

 

もしかしたら古来からそういったことが、

分かっていた上で『言葉』というものが作られたのかもしれません。

 

脳をサボらせない為にも、自分の発する言葉は、

まずは思っていなくてもポジティブに。

徐々に思想も、だんだんとポジティブに変えていくこと

原因不明を追い出すことにつながるかもしれません。

 

この記事が良かったらイイネ👍ボタン、フォローよろしくお願いします(´∀`=)!!

他にもあなたのモチベをUPする記事がたくさんあります、是非覗いていって下さいね!

👇お帰りの際はポチッと応援お願いします✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました