知らない人も楽しめる!進撃の巨人から学ぶ自己肯定感の持ち方

メンタル

 

進撃の巨人、大、大、大ヒットしてますね!!

筆者も例にもれず大、大、大ファンです!!

今日は筆者のTwitterのツイートから

知ってる人も知らない人も楽しめる

進撃の巨人から学ぶ

自己肯定感の持ちかたをご紹介します!

 

人生は選択の連続です

 

人生の岐路に立たされた時、人はもちろん悩みます。

「どっちにしよう…」選択を誤ってしまったら?

 

結果を知った上で選択をすることは誰にでもできます。

後になって「こうすべきだった」と言うことは簡単です。

 

しかし選択する前に結果を知ることは誰にも出来ません。

結果がわからなくても選択の時間は訪れるのです。

 

じゃあどうすればいいのか?

 

このリヴァイというキャラクターの名台詞でもあります。

「自分の力を信じても…

信頼に足る仲間の選択を信じても…

結果は誰にもわからなかった…

だから…まぁ…せいぜい…

悔いが残らない方を自分で選べ

 

結果は誰にも知り得ない。

だったら悔いのない選択をしていくしかないんじゃないか…。

つらい選択もこんなふうに思って選択していこうと思ったシーンです。

弱気になった時など自分が弱くなったと感じる人へ

 

弱気になると、

「自分はなんて弱くなってしまったんだ!情けない!」

と思う人が多いです。筆者も思っていました。

 

でも、

弱くなってみないと弱い人の気持ちは根本から理解することはできません。

 

強くない自分を知り、

人の気持ちがわかること。

 

それはどんな大きなダイヤモンドを手に入れるより

素晴らしいことだと筆者は強く思います。

誰も自分を責めたりしていない

精神が病んでいる、いないに関わらず、

ひたすら自分を責める人がいます。

 

でも誰も自分を責めていないのに、

自分勝手に自分自身を追い詰めているんです。

 

人から見たら、信用に足る人間だと思われていることがほとんどです。

自分を追い詰めていじめるのはやめましょう。


人と人は、みんな違っている意味

何をするにもスマートで非の打ち所がない人って

すごいなって思うことがありませんか?

 

でもその人たちだって

1人じゃあ、何にもできません。

 

だからどんなことが得意でも得意じゃなくても、

あれもできない、これもできない、それも良いんです。

 

色んな人がいていい。

 

「協力して生きなさい」って

神様が違くしてくれているのだと思うから、

 

凄く意味のあることだなって思います。

泣いている人がいたらどこまでも探しにいって伝えたい

写真の好きなキャラクターランキング

4位のヒストリアの言葉です。

「自分はイイ子にもなれないし、

神様にもなりたくない…

でも自分なんかいらないって言って泣いてる人がいたら…

そんなことないよって、伝えに行きたい

 

自分なんかいらない!消えてしまいたい!

そんな時は誰にでもあるはず。

 

必要とされないと思って心がひとりぼっちで

つらい人は助けたい。

話を聞いてあげたい。

筆者の理想の姿がここにありました。

 

自分にも同じような過去があるから、

同じような人は放っておけないし、

つらかった出来事を通して少しずつ強くなれます。

 

進撃の巨人のキャラクターも最初からみんな

こんな聖人君子のようではありませんでした。

 

漫画のキャラクターなのに人間らしく、

落ち込み、泣き、苦しみ、

最悪ともいえる過去を一人一人が

乗り越えていく姿に大勢のファンが大勢ついたのだと思います。

 

最後に主人公のエレンのお母さんが残した言葉をあなたに…。

「人は特別じゃなきゃいけないんですか?

絶対に人から認められなければダメですか?

私はそうは思っていませんよ。

少なくともこの子は…

偉大になんてならなくてもいい、

人より優れていなくたって…。

だって…見てくださいよこんなにかわいい。

だからこの子はもう偉いんです。

この世に、生まれて来てくれたんだから」

 

あなたも生まれてきてくれたことだけで価値がありますよ!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

この記事が良かったら、お友達にも紹介してくださいね(´∀`=)!!

Twitterフォローもよろしくお願いします!👈

他にもあなたのモチベをUPしちゃう記事がたくさんあります!是非覗いていってくださいね!!

👇お帰りの際はポチッと応援お願いします✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました