女は愛嬌、男も愛嬌!愛嬌のある人は何がなんでも愛されちゃう!

メンタル

 

人は見た目が9割なんて言いますね。

「見た目より中身こそが大事なんだ!」

 

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

今日は女は愛嬌!男も愛嬌!人は見た目が10割!のお話をしていきたいと思います。

 

愛のある顔=愛嬌です

顔はその人の心が最も映し出される、

とっても大事な場所です。

その顔をどうしたらいいか?

愛嬌のある顔をしましょう。

愛のある顔=愛嬌です。

 

男の人も愛嬌は必須です。

女は愛嬌!男は度胸!と言われていましたが、

これからの時代は違います、

男も女も愛嬌と度胸が必要です。

 

なぜ愛嬌が大事なのか?

イケメンとか美人っているじゃないですか?

そういう人たちの中でも愛嬌のあって素晴らしい人もいます。

 

彼氏彼女にイケメンや美人が欲しいという人は別として、

 

私たちにとって普段接する人や、

仕事の仲間って、

愛嬌が良くて感じのいい人が好まれるし、

誰だってそういう人と

仕事がしたいじゃないですか?

 

ブスッとしている人とは働きたくないですよね。

 

※「ブス」という言葉は、昔からある言葉で、漢字では「附子」と書きます

附子とは、植物のトリカブトからとった毒のこと。

トリカブトの毒に当たると、苦しさで顔が歪む。その歪んだ顔と不美人を結びつけて

不美人=ブスとなった。

また、毒に当たると無表情になることからもブスという。

つまり、昔は無表情の人をブスと呼んだんです。

顔立ちで言ってるんじゃないんです。

 

顔立ちは人それぞれ好き嫌いがありますが、

愛嬌がある顔はみんな好きなんです。

 

愛嬌にプラスして感じの良いことが大切

最近「可愛さは正義」とか言われますよね。

 

だから愛嬌ってすごく大事で

「こいつ可愛いな」って思われると許されたりもします。

 

そして、

愛嬌も大切ですが感じがいいことも大切です。

 

愛嬌があって感じのいい人って

話しかけやすいしですよね。

 

そして本人も受け入れてもらえるから話しかけやすい。

 

話しやすい対象になることで愛され、

人間関係がうまくいくんです。

 



愛嬌は作れる

愛嬌というのは心に「愛」があるから表情が出てくるんですよね。

その愛嬌ができない人は自分で演出するのも良いと思います。

自分はどうやったら愛嬌のある顔になるかな?って勉強するんです。

もともと根っから愛嬌のある人もいますが、

ない人もいます。

鏡を見て勉強するのが良いですね。

 

男性は髪の毛とか笑い方とか、

女性だったらメイクを少し変えるなど、

いくらでも自作自演ができます。

 

人間関係は周りの人に愛されてこそ良くなる

愛嬌のある人はどうしても愛されます。

何がなんでも愛されちゃうんです。

人間関係って周りの人に愛されてなんぼ、

愛嬌がいいと周りに好かれ

自分の周りに人が多くなり、

チャンスも多くなりやすい。

 

人間関係が苦手だという方も多いと思います。

無理に人と関わらなくてもいいんです。

 

ただ愛嬌があって感じよくしていることとは

別と考えましょう。

 

自分の最大の味方は自分です。

笑顔という、この世の最強の武器を使って

愛を持って生きていきましょう。

 

人は「愛を出そう」と思った瞬間から輝く光になれるんです。

運の良い自分って、

こういうふうに作っていくんです。

 

簡単ですよ。

行動さえすればあなたも愛され、

人間関係に悩むことがなくなるでしょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます(´∀`=)!

 

👇お帰りの際はポチッと応援お願いします✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

@decoco2525👈Twitterフォローよろしくお願いします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました