太陽でソーラーチャージ?人の心のエネルギーも充電しちゃおう!

メンタル

 

あなたは毎日の生活の中でネガティブを溜め込んでいませんか?

今日はネガティブを解放して、心の充電をMAXにしちゃいましょう!

 

心のバッテリーの使い方

人間のエネルギーが100%がMAXだったとしたら、

時間が経つにつれてどんどんエネルギーは減っていきます。

 

それをネガティブで100%使ってしまったらバッテリー切れ起こしちゃいますね。

 

さらにバッテリーが切れているにもかかわらず、

空のバッテリーにネガティブなエネルギーが溜まってしまうとしたら…?

考えただけでしんどいですよね。

 

エネルギーは良いことでフル充電にしていたい。

 

そんな時はどうしたら良いのでしょう?

自然からエネルギーをもらう

おうちの中に観葉植物を置いたり、水槽の中に金魚を飼っていたり、

空を眺めたり、イイ空気の場所で深呼吸したりする。

 

自然からエネルギーをもらうことってとっても大切です。

 

その中でも、すぐにあなたの心にエネルギーが入る方法があります。

 

それは「太陽」です。

 

そうです、ソーラーチャージです。

太陽の強いエネルギーをいただく

私たちが生命を維持できていのも太陽のおかげですよね。

 

太陽の位置がもう少し地球に近かったら私たちはコゲコゲになってしまうし、

ちょっとでも遠ければ氷河期のようになって死んでしまいます。

 

そんな完璧な太陽にもエネルギーの高い時間帯というのがあります。

それは、太陽を直視できる時です。

 

1、朝、日が登ってきた朝日。

2、沈む直前の夕日

 

目で直視できる時間帯の太陽が一番エネルギーが高い。

 

エネルギーの高い時間をねらって積極的にエネルギーをもらっちゃいましょう。

もちろんお昼間でも大丈夫ですが、お昼間は太陽を直視しないように気をつけましょう。

太陽からのソーラーチャージ

お花に「キレイだね、ありがとう」と話しかけると長生きするように、

太陽にも話しかけましょう。

 

「今日も一日、素晴らしいエネルギーをありがとうございます。」と、話しかける、

または心で思いながら、

エネルギーをチャージしていきましょう。

太陽の方向を向いて両手で三角をつくります。

 

手でつくった三角形の中に

第三の目が入るようにして

額に当ててみましょう

🔼第三の目の位置🔼

第三の目と太陽を一直線にして太陽の光が入ってくるようにする。

 

太陽は直視しないように気をつけてください。

 

行う時間は自分が気持ちがいいと思う時間でいいです。

そうするとすっごく気持ちいいです。

 

人って、「気持ちいいな〜」って思ってる時、同時に嫌なことが考えられません。

二つのことを同時に考えられない生き物です。

 

ネガティブが溜まっている時にも効果的

「今日も1日お陰様でがんばれました。ありがとうございます。」って思ってやると、

まるで北風と太陽のように、

ネガティブな心が溶けて嫌だなって思っていた気持ちがどうでもよくなってきます。

 

お日様の無条件の愛というエネルギーをいただくと

満たされなかった気持ちが満たされてきます。

 

太陽ってすごいと思いませんか?

全ての生き物を生かしています。

 

あと、たまにやっている人を見かけますが、

神社に行ったときに木に抱きつく。

 

御神木様とかだと縄が張られていて抱きつけませんが、

神社の中でも大きな木。

樹齢が長い木ほど大きなエネルギーを持っています。

木に抱きついて「ありがとう」とか、

良い気持ちをお伝えすると、

良いエネルギーがかえってきます。

 

この世の中って自分が出したものしかかえってこないんです。

イジワルを出したらイジワルがかえってくる

悪意を出したら悪意がかえってくる

 

自然のものに対しても

「いいエネルギーをありがとうございます、幸せです」って言うと

「そうかい?」って、自然からもかえしてくれます。

自然のものや動物って人間と違って嫌な感情をもっていない。

愛情を伝えれば伝えただけ、

そのまま直球で良いものがかえってきます。

すごく受け取りやすいですよね。

 

当たり前にある空気にも感謝してみる。

周りにある全てのものを味方につけるつもりで

お礼を言ってみるのもいいですね。

 

エネルギーが足りないときにはお日様からエネルギーをチャージするような気持ちでやってみてください。

ぜひ、楽しんでやってみてくださいね。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます(´∀`=)!

👇お帰りの際はポチッと応援してくれると嬉しいです✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました