人生を楽に生きる6つの方法パート2シナリオとストレスの解決法

メンタル

 

このお話しは前回のお話しのパート2です。

パート1記事

「人生を楽に生きる6つの方法パート1私たちには義務と権利がある」はこちら👇

 

前回のお話はどんなお話だったか覚えていますか?

 

「『感謝』は権利であって義務じゃない。

『感謝』を使いこなせば全ての人や物まで、

自分の味方にすることができる!」

答えを言う人

その通り!さすがですね!!

 

今日は人生をラクに生きる6つの方法の後半。

人生のストレスをなくす方法を一緒にみていきましょう!

 

ちょっと不思議なお話しもあります。

信じたくない人は信じなくていいです。

信じたい人だけ信じてください。

出典元:SKP 小林正観 もうひとつの幸せ論

 

未来について心配する必要はない

 

小林正観さんがいうには、

人生は生まれてくる前に自分でシナリオを書いてきている、といいます。

人生は私たちが書いてきたシナリオ通りに歩むと決められているそう。

 

「え?!未来はどうなるか決まってるの?」

遠くを見る人

決まっているんですって。

 

お釈迦様の言葉で『縁起の法』というものがあります。

お釈迦様

人は自分の人生を自分で作れると思っているから、悩み、苦しむ。

人生は自分の思いでできるものではなく、神仏、まわりの人で成り立つ。

つまり、私たちの人生を作っているのは私たちではなく、まわりの『縁』であり、

人は自分の人生に1%も関わっていない。

0%だ。と、お釈迦様が教えてくれています。

 

『縁起の法』について詳しく書かれた記事はこちら👇

 

人間が思い通りに人生を作っているということって、実はないそう。

人生はシナリオ通りと決まっている。

 

舞台に立つ子供

 

そう考えたくない人は、

あくまでもそういう意見もあるのだな、

程度に読み進めてみてくれると嬉しいです。

 

確かに、人生が決まっているのであれば、

未来について心配する必要はなくなってきますね。

 

未来はもう確定的に段取りが組まれて存在しています。

なんだか不思議なお話しで、

信じられないって方もいるかもしれませんね。

 

「でも、ここは一つ、幸せになるためにも

小林正観先生を信じて聞いてみよう」

聞き耳を立てる人

うん!そうしましょう!

 

全てはあなたの魂が決めて、

肉体を持って生まれてきました。

例え人の死であってもシナリオ通り。

 

それは不幸でも悲劇でもなく、

私たちが決めてきたシナリオなんです。

死がなければ輪廻転生という義務が果たせなくなります。

泣く人

人の死は悲しいものです。

しかし「不幸だ!悲劇だ!」といっても、

次に何にも始まらない。

 

別れを惜しみ執着になれば、

亡くなった人は成仏しにくくなり、

輪廻転生しにくくなる。

 

人との別れはできるだけスパッと、

「これもシナリオなんだ」と、理解した上で、

きっちりお別れすることが大切なんですね。

 

ストレスを解消する3つの方法

 

ストレスっていっぱいあります。

落ち込む人

お仕事、学校、近所付き合い、友達、家族…。

辛い時は、

朝起きる所から「ああ、あの人に今日も会うのか…」なんて弱気になっちゃいます。

 

ではここで、ストレスはなんで起こるのか一緒に考えてみましょう。

 

嫌な人がいるから?

もっとお金が欲しいのにお金が手に入らないから?

他の人よりも大きな家に住みたいから?

もっと美味しいものが食べたいから?

 

これらは全て私たちの思いからきています。

 

「あれもしたい、これもしたい」

そういった『欲』ってあって当然ですよね。

思いはあっても仕方がないです。

 

ただ、その「思い通りにならない」という、

思いに駆られていると辛くなって、

ストレスになっちゃうんです。

ストレスで叫ぶ女性

ハッキリ言って世の中は思い通りにはなりません。

 

①西洋的解決…努力をして手に入れる。

仕事でも勉強でも努力しないと手に入らないし、

下から上に上がるために必死になって上に登る。

 

登ったらまだまだ上がある。

だからまだまだ努力する。

 

これが西洋的解決。

 

しかし、努力だけでは幸せになれない。

西洋的解決では、もうキリがないんです。

ストレスに押し潰されそうな人

人間の欲望に限りはありません。

キリがないからいつまでたっても、

幸せに辿り着けないんです。

 

西洋的な解決法では幸せになれない。

では、私たちはどうしたら幸せになれるんでしょう?

 

 

②東洋的解決…思い通りにならないと、諦める。

もう世の中は思い通りにならないのだ、と悟っちゃうんです。

しょうがないから諦めちゃうと、

ストレスの原因がなくなるので、

ストレスが起こりようがないんです。

 

思い通りにしたいという『欲』を捨てる。

西洋的に考えても、東洋的に考えても、

思い通りにはならないという現実があるのであれば、

ストレスにならない東洋的な解決を選んだ方がお得ですよね。

 

あまり人や物事に固執しない、

執着しないことが大切です。

 

③もともと思いを持たない

「夢や希望を持つ」といった思いは、もう持たなくていいんじゃないですか?

夢や希望、目標がないことに苦しみを持つ人は大勢います。

リラックスした人

ならば、夢や希望、目標はいらないんじゃないですか?

 

私たちは欲望を持って生きていて、

それを叶えられなかったら幸せになれないんじゃないか?と思っていきている人がほとんどです。

しかし、

私たちには「喜ばれると嬉しい」という本能があります。

人が喜べば幸せだな〜と感じる、その気持ちが本能です。

 

「人に喜ばれると嬉しい」という、

本能を生かしていけば幸せになれるんです。

父親を喜ばせる子供

ここに目覚めよう!と、いうこと。

 

喜ばれる存在になるにはどうしたらいいのか?

 

それは全てのことに感謝することで、

みんなを味方にする。

 

人のために頼まれごとをする。

 

そういった細かいことをやっていくだけでいいんです。

人に少しでも喜ばれることって嬉しいですよね!

花をもらって喜ぶ人

思い通りにならないことにストレスを溜めるのではなく、

人に喜ばれる本能を満たしていく。

 

最終的には喜ばれる存在になることが究極の幸せ。

 

仏教もそうですが、自我を捨てることが喜びになる。

 

急に自我を捨てるのは無理ですが、

少しずつ自分にできることをやっていきたいですね。

 

そうすることでストレスはぐーんと減ります。

 

まとめ

どのように考えても思い通りにはならないので諦める。

思いを捨てればストレスの原因がなくなる。

人に喜ばれる存在になることで幸せを感じるようになる。

そう思っていると、心が軽くなる。

 

というお話しでした。

少しでもあなたの心が軽くなれば嬉しいです!

 

 

最後まで読んでくれて有難うございます=)

👇ポチッと応援してくれると凄く嬉しいです

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました